研究開発Research and Development

研究開発

人類は、技術革新により、より幸せなライフスタイルを追求し続けています。 アダマンド並木は、小さな町工場の時代から常に未来を見据えて来ました。
未来を見据えた技術革新に向け、独自の技術開発だけではなく、世界中の大学や国の研究機関との共同開発、技術導入を進めながら、10年後、20年後の技術ロードマップを常に思い描いています。自社の固有技術が活かせる商品分野を選び、研究開発のテーマとして取り上げていたからこそ、タイムリーに、お客様のニーズにあった商品を開発、提供することができたと言えます。
アダマンド並木の研究開発の目的は、科学の追究では無く、『切る・削る・磨く』の固有技術に先端技術を導入、融合させ、匠の技を進化させる事です。
ルビーサファイアなどの単結晶素材や、セラミックス、マグネットなどの焼結素材はどれも難加工材で、『切る、削る、磨く』のアダマンド並木精密宝石の匠の技が活きています。この難加工材の微細加工も、ミクロンオーダーからナノオーダーに技術革新が進んでいます。長短パルスレーザー加工機、最新測定機器などが匠の技を進化させ、ナノレベルの加工を達成しています。
素材開発も大きな開発テーマです。工業用宝石メーカーとして、究極の難加工材であるダイヤモンドの素結晶成長と加工技術を追究しています。究極の素材、ダイヤモンド、その秘めた輝きは、まさに未来を切り開いていくことでしょう。 アダマンド並木は持続可能な社会作りを重要なテーマと捉え、情報通信、医療理化学、航空宇宙、ロボット、地球環境など社会に貢献する研究開発を進めています。