アダマンド並木精密宝石株式会社公式ブログ。技術のトレンド、製品のワンポイント、SDGsなどについて紹介していきます。

フェムト秒レーザーと他のレーザーとの加工結果の比較

   最終更新日:    公開日: 2021/01

フェムト秒レーザーは超微細加工のできる強力なツールです。ここではフェムト秒レーザー加工技術の特徴をわかりやすくご説明します。

フェムト秒レーザーのパルス幅と他レーザーとの比較

フェムト秒レーザーはパルス幅が~100fs(1fs=10-15s)と極端に短いため、熱影響が無い加工が可能です。今回はこれを実感していただくために、他のレーザーとの比較をしてみました。様々なレーザーで溝を形成した後に、電子顕微鏡で観察したのが下の写真です。

材質1:ステンレス

フェムト秒レーザー
パルス幅100fs 波長800nm

YAGレーザー
パルス幅40ns 波長1064nm

YAGレーザー
パルス幅40ns 波長532nm

材質2:真鍮

YAGレーザー波長1064nm、532nmでもトライしましたが、反射が大きく加工できませんでした。

フェムト秒レーザー 
パルス幅100fs 波長800nm

YAGレーザー
パルス幅10ns 波長355nm

フェムト秒レーザーではデブリが無く、表面がきれいな状態であるのが分かると思います。一方、他のレーザーでは表面が溶けて盛り上がったり、デブリが飛び散って表面に付着したりしているのが分かります。またステンレスを波長532nmのYAGレーザーで加工した溝には、溝の周りに色の変化した熱影響層があるのが分かります。

このようにフェムト秒レーザーでは熱影響の無いきれいな加工ができるのを実感していただけたと思います。

当社のフェムト秒レーザー加工のページでは、事例も交えてフェムト秒レーザーについて更に詳しくご説明しております。合わせてご覧ください。

フェムト秒レーザー加工

TAG
タグ
5G DCコアレスモーター IoT MEMS MEMS技術 SDGsの取り組み インシュレーター インタビュー エナジーハーベスティング オーディオアクセサリー コアレスモーター サファイア セラミック ダイアフラムポンプ ダイヤモンド ダイヤモンド基板 フェムト秒レーザー フェルール ブラシレスモーター マイクロ波 レコード レコード針 レーザー加工 ロボット ロボットハンド 光コネクタ 光ファイバ 光通信 内径測定 医療 半導体 協働ロボット 小型モーター 手術 振動発電 測定器 測定機 無線 無電源 環境発電 産業機器 真円度測定 精密ノズル 腕時計用外装部品のはなし 腕時計部品
Pagetop