IoTに使用される無線の到達距離

IoTの市場で使用されている無線は、Bluetoothに代表されるような無線到達距離が数十メートルほどの無線モジュールを搭載したデバイスが広く使われていますが、近年数百メートルや数キロメートルと比較的長距離通信が可能な無線モジュールを搭載したデバイスの要望が伸びてきています。

それはIoTの活用エリアが広くなる中で、長距離通信が可能な無線モジュールを使用することにより子機(センサー)と親機(IoTゲートウェイ)の距離を離すことができ、電源供給の必要なIoTゲートウェイの設置台数が低減するためです。また、今までBluetoothなどで障害となっていたコンクリートの壁や障害物などがあったとしても、長距離通信が可能なデバイスを使うことにより、強い送信強度(RSSI)を持った電波となり、それらを迂回して通信が可能となります。

そのため、私たちはLPWA(Low Power Wide Area)などに代表されるようなIoT用長距離送信無線通信モジュール駆動可能な発電デバイス(EME-harvester)をコンセプトの一つとして開発を進めています。

これらにより産業、医療、福祉、交通、物流、生活、娯楽、社会インフラなど様々な分野の発展に貢献していきたいと思います。


アダマンド並木精密宝石ではシンプルな機構で高い発電量を得られるエナジーハーベスタデバイスの研究、開発に注力しており、数十ミリワットから数百ミリワットの電力を出力することができるデモ機のラインナップを用意しています。

EHIoTのWEBサイトはこちら https://www.ad-na.com/ehiot/
IoT向け発電デバイス
無電源車両検知システム

エナジーハーベスターデモ機動画

タイトルとURLをコピーしました