IoT

IoT

振動発電とは 原理と実用例を解説

振動発電とは、機械や建物、人の動きなどにより発生する振動の微小なエネルギーを電気エネルギーに変換する環境発電のことを指し、当社のデバイスではシンプルな機構で高い発電量(数十mWから数百mW)の電力を得られます。振動発電を行う原理には「電磁...
IoT

無電源で駆動するIoTデバイスとは

IoT(Internet of Things)やM2M(Machine to Machine)などの技術は、近年多くの場所で活用されています。IoTにより、今まで得られなかった多くの情報を自動で集めることや、遠隔でのモノの操作などが容易に...
IoT

環境発電で得られる電力量 高効率化への期待

周囲の環境にある様々なエネルギーから電気エネルギーを得る環境発電(エネルギーハーベスティング)は、IoTデバイスの電力供給問題を解決する方法として注目を集めています。環境発電を用いれば、IoTデバイスは無給電で動作することも可能です。電源...
IoT

環境発電デバイスに必要な小型、薄型化、堅牢、高効率への対応

IoT (Internet of Things)やM2M (Machine to Machine)などの技術は、近年多くの場所で使用されるようになりました。モノにセンサーや通信機能などを持たせることで多くのデータが得られるようになっていま...
IoT

エネルギーハーベスティングの可能性、無電源車両検知システムへの展開

はじめに 近年様々なものにセンサーやネットワーク機能を有するIoT時代となってきており、今後も市場拡大が続くと予想されるが、センサー駆動のための電源供給において課題を抱えている市場が少なからず存在する。例えば大型駐車場での主な車両検...
IoT

環境発電とは? -環境発電の課題とは?

環境発電で解決するIoT電力供給問題 モノをインターネットに接続するIoT (Internet of Things)や、モノとモノが相互に情報をやりとりするM2M (Machine to Machine)などの技術は...
IoT

5Gよりも更に100倍の速さ!研究開発が進む6Gで何ができるのか?

対応するスマートフォンが発売され、様々なサービスの実証実験がおこなわれるなど、第5世代移動通信システム(5th Generation,:5G)の本格的な商用利用が進んでいます。1980年代にアナログ方式の携帯電話が登場しておよそ40年。移...
IoT

IoTに使用される無線の到達距離

IoTの市場で使用されている無線は、Bluetoothに代表されるような無線到達距離が数十メートルほどの無線モジュールを搭載したデバイスが広く使われていますが、近年数百メートルや数キロメートルと比較的長距離通信が可能な無線モジュールを搭載...
IoT

IoTの電源確保問題

様々な物に通信機能をもたせ情報発信する製品やシステムの増加につれ、それに使用するセンサー等の低消費電力化のニーズが高まる一方、電池交換や充電などの電源をどの様に長期間確保するかも課題になってきています。その解決案としての環境発電のご紹介です。
IoT

環境発電デバイス使用時の課題

身の回りにある運動エネルギー等を電気的エネルギーに変換しセンサーや無線モジュールを駆動させ通信をおこなう環境発電の広い活用に際しての課題をまとめます。
タイトルとURLをコピーしました