ダイヤモンド

半導体

チップマウンターにおける吸着ノズル・吸着コレットの重要性

様々な電子機器に使用されているプリント基板には、数多くの電子部品が実装されています。電子部品を実装するには、正確に位置決めをしてプリント基板上に電子部品を配置する必要があります。電子部品をピックアップして配置していくために使用されるのがチップマウンターです。 プリント基板を量産するためには...
精密宝石

モーターコイル巻線工程に欠かせない部品 巻線ノズルとは

電車や家電、OA機器、産業機械など、現代社会ではモーターを使った機器が数多くあります。モーターは、絶縁被膜を持つ金属線を巻いて作られるコイル(巻線)が用いられています。近年では、電気自動車の普及による高性能高出力モーターの需要拡大など、従...
ダイヤモンド

時計部品:「匠の技」の結晶~世界初の人工ダイヤモンドパーツ~

アダマンド並木グループとLEMOグループは、その歴史、組織、価値観、風土に多くの類似点があります。アダマンド並木グループとLEMOグループは共に家族経営の会社であり、いつも社員を中心に、そして歴史、製品、技術がそこにあります。特にLEMO...
光通信

フェルールとは ~高精度・低損失のフェルール製造を追求し続ける開発の歴史~

フェルールは、光通信を支える部品として広く世界で使用されています。アダマンド並木は、光通信がまだ開発途上であった、1980年からフェルールの製造を開始しました。生産技術の改善による高精度化やコスト削減対応など、多くの課題をオーダーメイドの...
ダイヤモンド

DRM論文集の表紙を飾りました

Diamond and Related Materials(DRM)の表紙モデルを飾ったデバイス特性評価結果は、MPCVD法によって、サファイア基板上にヘテロエピタキシャル成長した人工ダイヤモンド(KENZAN Diamond®)基板上に...
ダイヤモンド

ダイヤモンドの拓く未来

ダイヤモンドは物質中最高の硬さやキラキラした輝きをもたらす高い屈折率以外にも、たくさんの優れた特性を持つ材料の王様です。これらの特性を活かして工具やレコード針などの音響部品、放熱部材など幅広い分野で利用されています。さらに、今後ダイヤモン...
ダイヤモンド

新動作原理によるダイヤモンド半導体パワーデバイスの作製に成功

国立大学法人佐賀大学は、アダマンド並木精密宝石株式会社と共同で、新動作原理に基づく次世代のパワー半導体のダイヤモンド半導体デバイスを作製し、世界最高水準の出力電圧および電力を得ることができました。 研究者  代表者:嘉数 誠 ...
ダイヤモンド

ダイヤモンドの合成

ダイヤモンドを人工的に作る技術について紹介します。大きく分けて(A)地球内部の環境を装置内部で再現した高温高圧合成法と(B)炭素を含むガスを原料とする化学気相合成法があります。いずれも日本で開発された技術です。
宝石の特徴

宝石の特徴

宝石とは、宝になる石(鉱物)であり、美しいこと(色・透明度・光沢)美しさが長く保たれること(耐久性 硬く傷つきにくいこと)希少性があること(産出量・産地)装飾品としての宝石の場合、主に天然石であることなどがあげられます。こちらの4記事では、宝石の特徴について、結晶、色、カット、劈開といった内容をわかりやすくご説明します。
宝石の特徴

宝石の特徴:劈開(へきかい)について

劈開とは 劈開(へき開)とは、「裂き開くこと」がもともとの意味ですが、ナイフなどの刃物を鉱物にあて、表面をそぐ形で刃物を動かすとぱっと開くように割れる性質のことをいいます。ある特定の面に垂直な方向の原子・イオン・分子間の結合...
タイトルとURLをコピーしました