ダイヤモンド基板

ダイヤモンド

「スペースデリバリープロジェクト ~RETURN to EARTH~ 」JAXAへの対象品引渡し報告会を実施

プロジェクト参加・協力の10組が引渡し報告セレモニーに参加 当社は、ダイヤモンドの宇宙曝露実験を国際宇宙ステーションISS「きぼう」にて6か月行います。先日行われたJAXAへの引き渡し式に参加しました。詳細は、主催するSpace B...
ダイヤモンド

放熱性改善に向けた新構造の実現 LED照明などで広く活用されている窒化ガリウムとダイヤモンドの直接接合に世界で初めて成功 

<本研究のポイント> これまで不可能とされていた窒化ガリウム(GaN)※1とダイヤモンドの直接接合に成功。1,000℃の熱を加えても耐え得る、安定した接合であることを実証。従来より冷却が容易になり、大幅な省エネが実現できるため、持続...
ダイヤモンド

直径2インチ ダイヤモンドウェハの量産技術開発に成功
パワー半導体デバイスの企業研究開発に拍車

アダマンド並木精密宝石株式会社(東京都足立区、代表取締役社長 並木里也子)は、新原理のダイヤモンド結晶成長方法により直径2インチのダイヤモンドウェハの量産技術開発に成功しました。半導体デバイス研究開発に必要とされていた直径2インチ...
ダイヤモンド

世界初 人工ダイヤモンド基板を宇宙にて曝露実験

アダマンド並木精密宝石株式会社(東京都足立区、代表取締役社長 並木里也子)は、世界で初めて人工ダイヤモンドKENZAN Diamond™ の宇宙曝露実験を国際宇宙ステーションISS「きぼう」で約6か月間行います。 本実...
ダイヤモンド

高品質・大口径ダイヤモンド基板

前回は究極の材料であるダイヤモンドが、今後私たちの暮らしを豊かにする未来デバイスになることを紹介しました。今回は未来デバイス実現に必要不可欠な大口径ダイヤモンド基板について取り上げたいと思います。 大口径ダイヤモンド基板の必要性 ...
ダイヤモンド

Newsweek国際版、およびTHE WORLDFOLIOに並木社長インタビューが掲載されました

当社 代表取締役社長 並木里也子が英国通信社 THE WORLDFOLIOのインタビューを受け、取材記事が Newsweek国際版 (2021年8月13日発行) および THE WORLDFOLIO社のWebサイトに掲載されました。記事の...
ダイヤモンド

DRM論文集の表紙を飾りました

Diamond and Related Materials(DRM)の表紙モデルを飾ったデバイス特性評価結果は、MPCVD法によって、サファイア基板上にヘテロエピタキシャル成長した人工ダイヤモンド(KENZAN Diamond®)基板上に...
ダイヤモンド

ダイヤモンドの拓く未来

ダイヤモンドは物質中最高の硬さやキラキラした輝きをもたらす高い屈折率以外にも、たくさんの優れた特性を持つ材料の王様です。これらの特性を活かして工具やレコード針などの音響部品、放熱部材など幅広い分野で利用されています。さらに、今後ダイヤモン...
ダイヤモンド

新動作原理によるダイヤモンド半導体パワーデバイスの作製に成功

国立大学法人佐賀大学は、アダマンド並木精密宝石株式会社と共同で、新動作原理に基づく次世代のパワー半導体のダイヤモンド半導体デバイスを作製し、世界最高水準の出力電圧および電力を得ることができました。 研究者  代表者:嘉数 誠 ...
ダイヤモンド

ダイヤモンドの合成

ダイヤモンドを人工的に作る技術について紹介します。大きく分けて(A)地球内部の環境を装置内部で再現した高温高圧合成法と(B)炭素を含むガスを原料とする化学気相合成法があります。いずれも日本で開発された技術です。
タイトルとURLをコピーしました