フェルール

光通信

光減衰器、光終端器とは 原理や使用目的

光通信システムでは、光の入出力、中継などを行う各種伝送装置、測定装置が用いられています。これらの装置では、適正範囲以上のパワーの光が入射したり、光ファイバの接続部や端部からの反射光が再度入射したりすると、通信の品質や測定結果に影響がでるこ...
サファイア

微細穴加工の用途、加工方法、加工精度 ミクロンオーダーからナノレベルの孔加工

微細穴加工は、時計や電子機器、医療機器、半導体製品など、様々な精密機械、電子部品の製造において重要な工程です。穴あけ加工を行う方法は、細径のドリルを使うものや、レーザーを使うものなど各種あります。加工方法により、ミクロンオーダーからナノレ...
光通信

光通信における光パワーの損失 挿入損失、反射減衰量、波長依存損失、偏波依存性損失、温度依存性損失

長距離、高速大容量通信に欠かせない光ファイバは、様々な原因で光パワーの損失が発生します。光通信における、光パワーの損失に係わる用語を解説します。 光通信の原理 情報通信において、伝送容量と伝送速度の追及がたゆまず行われています...
精密宝石部品

セラミックとは ~工業製品や腕時計など用途は多数~

セラミックとは、非鉄金属材料のパウダーを製品に合わせて調合し、成形した後に焼結して製造される素材です。化学的安定性に優れ、高い耐熱性、耐蝕性、絶縁性などの特徴を持っています。電気機器の部品や医療用製品などの他、調理器具や時計、宝飾品など、...
光通信

フェルールとは ~高精度・低損失のフェルール製造を追求し続ける開発の歴史~

フェルールは、光通信を支える部品として広く世界で使用されています。アダマンド並木は、光通信がまだ開発途上であった、1980年からフェルールの製造を開始しました。生産技術の改善による高精度化やコスト削減対応など、多くの課題をオーダーメイドの...
光通信

「プッシュプル締結方式を採用したフィジカルコンタクト接続による光ファイバコネクタ」がIEEEマイルストーンに認定 フェルールの製造で世界普及に尽力

光通信を支える部品の一つに光ファイバコネクタがあります。光ファイバコネクタが開発されたことにより、光ファイバーケーブルの接続、取り外しが簡単にできるようになりました。現在普及しているプッシュプルタイプのSC(Subscriber Conn...
IoT

5Gよりも更に100倍の速さ!研究開発が進む6Gで何ができるのか?

対応するスマートフォンが発売され、様々なサービスの実証実験がおこなわれるなど、第5世代移動通信システム(5th Generation,:5G)の本格的な商用利用が進んでいます。1980年代にアナログ方式の携帯電話が登場しておよそ40年。移...
光通信

光ファイバー用コネクタとは ~ 光ファイバー用コネクタの種類と多様な用途

光ファイバ用コネクタの種類と用途について形状や特徴を交え2回に分けてご説明します。
光通信

シリコンフォトニクスとは:なぜ5Gの実装に不可欠なのか

従来的な通信技術に代わるシリコンフォトニクスとは何か、次世代の通信である5Gにとってどのような利点があるのかについてまとめます。
タイトルとURLをコピーしました