光ファイバ

光通信

光実装技術(ダイボンディング/ワイヤーボンディング)

光学素子、電子部品、MEMS等の微小部品の実装とは トランジスタや抵抗、IC、半導体レーザー、フォトダイオードなどの各種電子部品、光学素子は、それぞれの機能を満たすように装置や基板上に実装されます。特に、光学...
光通信

光減衰器、光終端器とは 原理や使用目的

光通信システムでは、光の入出力、中継などを行う各種伝送装置、測定装置が用いられています。これらの装置では、適正範囲以上のパワーの光が入射したり、光ファイバの接続部や端部からの反射光が再度入射したりすると、通信の品質や測定結果に影響がでるこ...
光通信

光通信における光パワーの損失 挿入損失、反射減衰量、波長依存損失、偏波依存性損失、温度依存性損失

長距離、高速大容量通信に欠かせない光ファイバは、様々な原因で光パワーの損失が発生します。光通信における、光パワーの損失に係わる用語を解説します。 光通信の原理 情報通信において、伝送容量と伝送速度の追及がたゆまず行われています...
SDGs

SDGsの取り組み~WIPO GREENデータベースへの登録

SDGsのいくつものゴールに関連する環境や気候問題に対するWIPO GREENという国際的な取り組みがあります。WIPOは国連の専門機関で、知的財産の活用を通じSDGsへの貢献を目指しており、2013年に環境技術の開発と普及を後押しするこ...
光通信

レンズファイバとは?機能や加工方法を解説

光通信では、レーザーダイオード(LD)や発光ダイオード(LED)フォトダイオード(PD)などの半導体素子が用いられています。これらの半導体素子は、電気の信号を光信号に変換して発したり、受けた光信号を電気信号に変換したりします(光電変換)。...
光通信

光ファイバアレイとは ~光導波路素子との接続デバイス、次世代高速大容量の光通信に不可欠なもの ~

光ファイバアレイは 高速大容量の光通信システムの実現には、欠かせないデバイスです。 光ファイバを用いた高速大容量の光通信システムは、膨大なデータを送受信するため、広く利用されるようになりました。情報化社会を支える基盤として、日々発展...
光通信

フェルールとは ~高精度・低損失のフェルール製造を追求し続ける開発の歴史~

フェルールは、光通信を支える部品として広く世界で使用されています。アダマンド並木は、光通信がまだ開発途上であった、1980年からフェルールの製造を開始しました。生産技術の改善による高精度化やコスト削減対応など、多くの課題をオーダーメイドの...
光通信

「プッシュプル締結方式を採用したフィジカルコンタクト接続による光ファイバコネクタ」がIEEEマイルストーンに認定 フェルールの製造で世界普及に尽力

光通信を支える部品の一つに光ファイバコネクタがあります。光ファイバコネクタが開発されたことにより、光ファイバーケーブルの接続、取り外しが簡単にできるようになりました。現在普及しているプッシュプルタイプのSC(Subscriber Conn...
モーター・モーターユニット

内径測定器、真円度測定機、内周面表面粗さ計、表面欠陥検査装置 が一台になりました ~ 内周面精密測定機器とは?

内径測定器、真円度測定機、内周面表面粗さ計、表面欠陥検査装置 が一台になりました ~ 内周面精密測定機とは? 直径1mm以上の穴の内周面を、非接触3Dで、20ナノメートルの高精度で、1断面当たり5秒の高速で、プログラマブルに自動測定...
光通信

光ファイバー用コネクタとは ~ 光ファイバー用コネクタの種類と多様な用途

光ファイバ用コネクタの種類と用途について形状や特徴を交え2回に分けてご説明します。
タイトルとURLをコピーしました