医療

モーター・モーターユニット

小型サーボモーター ~コミュニケーションロボットからエンドエフェクタまで産業用ハンドメーカーへの展開~

コミュニケーションロボから産業用まで広がるロボ用小型サーボモーター 12ミリ×24ミリ×12ミリメートルという業界最小のロボット用小型サーボモーターが、家電用や産業用ロボットのさらなる可能性を広げました。当社とシャープはこの小型サー...
モーター・モーターユニット

ブラシレスモーターとブラシモーターの違いとは?アダマンド並木ブラシレスモーターの特徴も解説

ブラシレスモーターとは ブラシレスモーターは、整流子やブラシなどの機械的な接触部を取り除いたモーターです。昔は機械的に整流子を使って、プラスマイナスを逆転させてましたが、整流子が摩耗してしまうという欠点があり長寿命化が困難でした。半...
IoT

5Gよりも更に100倍の速さ!研究開発が進む6Gで何ができるのか?

対応するスマートフォンが発売され、様々なサービスの実証実験がおこなわれるなど、第5世代移動通信システム(5th Generation,:5G)の本格的な商用利用が進んでいます。1980年代にアナログ方式の携帯電話が登場しておよそ40年。移...
モーター・モーターユニット

マイクロメカニズム

現在、手術時の傷が小さく、術後の入院も短くて済み、身体への負担を低減できる低侵襲手術(内視鏡外科手術)の適用が盛んです。これは、身体に小さな孔を開け、その孔から体内に内視鏡、鉗子を挿入して手術を行う手法ですが、複数孔手術(Multi-Po...
ダイヤモンド

ダイヤモンドの拓く未来

ダイヤモンドは物質中最高の硬さやキラキラした輝きをもたらす高い屈折率以外にも、たくさんの優れた特性を持つ材料の王様です。これらの特性を活かして工具やレコード針などの音響部品、放熱部材など幅広い分野で利用されています。さらに、今後ダイヤモン...
医療

手術用ロボット:小型モーター(マイクロモーター)と精度の関連性

手術用ロボットの市場動向についてご紹介した前編【手術用ロボット:絶えず拡大する市場の動向】に続き、今回の後編では手術用ロボットと、手術用ロボットの高精度の動きを可能にする小型モーター(マイクロモーター)の関わりについてご説明します。
医療

手術用ロボット:絶えず拡大する市場の動向

手術用ロボットは、主に低侵襲手術のために使用され、先進的なシステムとともに進化しています。手術におけるロボットデバイスとプラットフォームの使用が増加していることは明らかです。人工知能と拡張現実は、システムをますます進化させる重要な要素になります。手術用ロボットとモーターについて、前後編に分けてご紹介します。
IoT

IoTに使用される無線の到達距離

IoTの市場で使用されている無線は、Bluetoothに代表されるような無線到達距離が数十メートルほどの無線モジュールを搭載したデバイスが広く使われていますが、近年数百メートルや数キロメートルと比較的長距離通信が可能な無線モジュールを搭載...
モーター・モーターユニット

世界最小径中空モーター

中空モーターの役割と、世界最小径の中空モーターの特徴・用途についてご説明します。
モーター・モーターユニット

バイオニック(義肢)ハンドと小型モーター

進化する義肢と小型モーターの役割をご説明します。
タイトルとURLをコピーしました