手術

IoT

5Gよりも更に100倍の速さ!研究開発が進む6Gで何ができるのか?

対応するスマートフォンが発売され、様々なサービスの実証実験がおこなわれるなど、第5世代移動通信システム(5th Generation,:5G)の本格的な商用利用が進んでいます。1980年代にアナログ方式の携帯電話が登場しておよそ40年。移...
モーター・モーターユニット

マイクロメカニズム

現在、手術時の傷が小さく、術後の入院も短くて済み、身体への負担を低減できる低侵襲手術(内視鏡外科手術)の適用が盛んです。これは、身体に小さな孔を開け、その孔から体内に内視鏡、鉗子を挿入して手術を行う手法ですが、複数孔手術(Multi-Po...
医療

手術用ロボット:小型モーター(マイクロモーター)と精度の関連性

手術用ロボットの市場動向についてご紹介した前編【手術用ロボット:絶えず拡大する市場の動向】に続き、今回の後編では手術用ロボットと、手術用ロボットの高精度の動きを可能にする小型モーター(マイクロモーター)の関わりについてご説明します。
医療

手術用ロボット:絶えず拡大する市場の動向

手術用ロボットは、主に低侵襲手術のために使用され、先進的なシステムとともに進化しています。手術におけるロボットデバイスとプラットフォームの使用が増加していることは明らかです。人工知能と拡張現実は、システムをますます進化させる重要な要素になります。手術用ロボットとモーターについて、前後編に分けてご紹介します。
モーター・モーターユニット

バイオニック(義肢)ハンドと小型モーター

進化する義肢と小型モーターの役割をご説明します。
タイトルとURLをコピーしました