無線

IoT

5Gよりも更に100倍の速さ!研究開発が進む6Gで何ができるのか?

対応するスマートフォンが発売され、様々なサービスの実証実験がおこなわれるなど、第5世代移動通信システム(5th Generation,:5G)の本格的な商用利用が進んでいます。1980年代にアナログ方式の携帯電話が登場しておよそ40年。移...
ダイヤモンド

ダイヤモンドの拓く未来

ダイヤモンドは物質中最高の硬さやキラキラした輝きをもたらす高い屈折率以外にも、たくさんの優れた特性を持つ材料の王様です。これらの特性を活かして工具やレコード針などの音響部品、放熱部材など幅広い分野で利用されています。さらに、今後ダイヤモン...
IoT

IoTに使用される無線の到達距離

IoTの市場で使用されている無線は、Bluetoothに代表されるような無線到達距離が数十メートルほどの無線モジュールを搭載したデバイスが広く使われていますが、近年数百メートルや数キロメートルと比較的長距離通信が可能な無線モジュールを搭載...
IoT

IoTの電源確保問題

様々な物に通信機能をもたせ情報発信する製品やシステムの増加につれ、それに使用するセンサー等の低消費電力化のニーズが高まる一方、電池交換や充電などの電源をどの様に長期間確保するかも課題になってきています。その解決案としての環境発電のご紹介です。
光通信

シリコンフォトニクスとは:なぜ5Gの実装に不可欠なのか

従来的な通信技術に代わるシリコンフォトニクスとは何か、次世代の通信である5Gにとってどのような利点があるのかについてまとめます。
IoT

環境発電デバイス使用時の課題

身の回りにある運動エネルギー等を電気的エネルギーに変換しセンサーや無線モジュールを駆動させ通信をおこなう環境発電の広い活用に際しての課題をまとめます。
タイトルとURLをコピーしました