ロータリータトゥーマシーン

日本国内ではまだまだ浸透の薄いタトゥーも海外ではひとつの芸術・ファッションとして幅広い層の人々から支持をされています。

現代のタトゥーマシーンはコイル式とロータリー式の2種類が主流となっており、後者の方は筐体内部に埋め込まれたモーターによる駆動がなされています。アダマンド並木はこのロータリー式タトゥーマシーン向けにφ16のコアレスモーターを提供しています。

ロータリー式の構造はモーターの出力軸先端に偏心カムを取付け、それを回転させる事でニードルを上下に動かす仕組みとなっています。シンプルな機構ではあるものの、偏心カムの動作による出力軸ラジアル方向への負荷は大きくなる傾向があり、堅牢なつくりをしたモーターが必要不可欠となります。また術者は長時間に渡りマシンを手に持ちながら作業する為、モーターからの振動を極力小さくし、術者の負担を減らすよう配慮する事も重要な要素のひとつです。

このような技術的要求に対して、並木のモーターは出力軸の強度アップを目的にボールベアリングを採用しています。そして、モーターの振動を最小限に抑える為に最適化したロータを適用しています。

お問い合わせ

※サイズ・トルク数等詳細がお決まりの方は詳細お問合せフォームをご利用ください。
 

日本国外の方は英語ページでお問い合わせください。
お問合せフォーム