セラミック時計

1960年代に超硬合金(WC:タングステンカーバイド)素材からなる超硬時計ケースが、アダマンド並木から生まれて半世紀が過ぎ、それに変わる次世代の硬質材料として注目されている「ファインセラミックス」からなる外装部品に用いた腕時計ケース&バンドです。

腕時計として特徴のあるジルコニア(Zr)セラミックス素材の白色と黒色を男女モデルに組み合わせたケース&バンド一体の外装部品は、海外ファッションブランドの高級腕時計として採用されています。ファインセラミックスはステンレススチールに比べ、硬度、軽量性に優れており、アレルギー源を含まない為、肌への刺激も抑える事が出来ます。
また同じく、チタンカーバイド(TiC)材料からなる金属調ファインセラミックス素材に、アダマンド並木が培った研磨技術を融合した外装部品は、スクラッチプルーフ(キズがつかない)の代名詞である「超硬時計ケース」特有の永遠の輝きを再現し、その美しさを永年保証します。

お問い合わせ
日本国外の方は英語ページでお問い合わせください。

お問合せフォーム