精密ノズル

当社の精密ノズルは、コア技術である切る・削る・磨くといった高精度な加工技術を駆使し、半導体、産業機器、医療パーツ製造、研究所等様々な分野でご使用されております。 対応材質については、ダイヤモンドルビーサファイア超硬セラミック(ジルコニア、アルミナ)、耐熱樹脂など顧客のニーズに合った材質でカスタム対応いたします。 まずはお気軽にお問い合わせください。

改善事例

吐出ノズル塗布液の「這い上がり」低減

薄型TV、スマートフォン、PC用液晶パネルの製造工程では、 液晶塗布量管理が生産歩留りに直結します。液だれによる塗布液の這い上がりにより、「ノズルの詰まり」が生じ、ノズルの寿命、生産効率が大きく左右されます。ノズルの寿命を長くするためには、ニードル等の先端径を小さくし、尚且つその塗布装置、液体に合わせて、先端径を作ることにより、液だれを防止することが可能となり、効率の良い生産が可能となります。 高精度な塗布量管理が求められる液体材料吐出装置には、 当社の長寿命のノズルが採用されています。特に、パネルサイズの拡大に伴い、 更なる精度向上が求められる中で、ノズル先端の表面研磨技術、内外径の精密加工が活かされ、安定的かつ精確な塗布量コントロールを可能とし、単結晶ルビーノズルが現場にて役立っています。

製品図
断面図
ノズル先端
お問い合わせ
日本国外の方は英語ページでお問い合わせください。

お問合せフォーム