チューブケースサファイア

アダマンド並木の特許技術として提案する「チューブケースサファイア」を用いたオールサファイア腕時計ケースは、同一素材のバンド構造を含め、アダマンド並木の微細な加工技術に基づく、ファッション性豊かなスケルトン仕様の宝飾外装部品として、個性豊かな洗練されたスイス時計工房の各メーカーからも注目されています。

サファイアカバーガラスと裏蓋部分が一体となるチューブケースサファイアは、チューブ内面が極限まで鏡面研磨され、写真のモデルでは、両サイド3時ー9時側に配置した棒状のカラーサファイアでチューブ開口部が塞がれて、腕時計ケース本体を構成しています。

お問い合わせ
日本国外の方は英語ページでお問い合わせください。

お問合せフォーム