プラグインコンバータ

光プラグインコンバータは、異なる種類のコネクタとアダプタを低挿入損失で接続するコンバータです。 構造はプラグとジャックを両端に持ち、プラグ(オス)側がSCコネクタで、 ジャック(メス)側がLCコネクタMUコネクタです。SCのアダプタ機構を持つ トランシーバーや、測定器に挿入することで、LCコネクタMUコネクタのアダプタ機構に 変換いたします。
LC-SCと、MU-SC型のプラグインコンバータには内部に変換フェルールが採用 されており、 高い信頼性、低挿入損失、繰り返し接続安定性を実現しています。
いずれのプラグインコンバータにも当社で製造された最高品質ジルコニア割りスリーブを使用しており、フェルール、スリーブ製造メーカーならではの、 安定した性能、品質を提供いたしております。

関連技術

プラグインコンバータ挿入損失分布


プラグインコンバータ 製品一覧

  • LC-SCプラグイン
    コンバータ

  • MU-SCプラグイン
    コンバータ

お問い合わせ
日本国外の方は英語ページでお問い合わせください。

お問合せフォーム