アダマンド並木精密宝石

トップメッセージ

並木グループについて

並木グループは常に社員と会社が一体となり長期的なスパンで考える会社です。

アダマンド並木精密宝石株式会社は、創業80余年を迎えることが出来ました。 電気メーターの軸受宝石からスタートし、宝石加工で培った固有技術『切る・削る・磨く』に先端技術を融合させ、数々の製品を開発してきました。創業以来、工業用宝石を基幹事業にしていますが、 その製品群は創業時のものは全くありません。


技術の変遷の早い先端技術分野においてメーカーとして生き残ることは並大抵のことではありません。技術が変わると、製品はあっという間にその姿を変え、多くのメーカーがその変化に追従できずに消えていきます。


当社は創業以来の『一社如一家』という考えのもと、お客様の想いに一つ一つ丁寧に寄り添い、要望に真摯に答える『オーダーメイド技術力』、生産力、創造力を追求し、社会に貢献する日本のものづくりを推進しています。


当社は創業100周年を目指しています。20年後、新入社員の皆さんが、まさに働き盛りで、幹部社員として会社の業績を担って活躍している姿が浮かんできます。当社は、常に社員と会社が一体になり、双方の成長、そして事業の継続性があってこそ社会に貢献できるという、長期的なスパンで考える会社です。次世代の製品作りに、皆さんの若い力を期待しています。

アダマンド並木精密宝石株式会社
代表取締役社長  並木 里也子