アダマンド並木精密宝石

並木グループの仕事

海外社員の声

現在している仕事について教えて下さい。

R&D(設計開発)部門に所属し、医療機器(クラスⅢ)の機構部分の設計開発及び量産製品の設計変更対応業務等をしています。

海外勤務ならではの苦労、喜びはどんなことですか。

日本人同士なら細かく指示しなくても、ある程度の仕事は出来ますが、海外だと日本と違って指示や判断を明確にしないと見当違いな結果になるので伝え方に苦労してます。
但し、思っていた以上の結果が出れば、その時はそれが喜びになります。

仕事やプライベートで、この国ならでは!と思うのはどんなことですか?

タイは「微笑みの国」と言われている国なので、仕事でもプライベートでも笑顔が絶えないです。どこでも誰でも、笑顔で挨拶してくれます。また、タイの国民性なのですが、何があっても 「マイペンライ(タイ語で大丈夫、気にしないでの意味)」の一言で済ます習慣があります。いい意味では物事に対しておおらかで寛容、悪い意味では無責任ですが、日本人とは考え方が全然違います。

海外で仕事をする上で、気を付けていること(心構え)などはありますか?

指示の明確化と、出来る限りその場で回答・決断することです。上にも書きましたが、だれが何をいつまでにどのようにするのかを明確に指示しないと、見当違いな結果になります。
また、日本人は決断を後回しにすることが多いですが、海外ではその場その場で決断(決断できない時はその場で回答期限を決める)をしないと、回りの人間は納得しません。

学生時代に打ち込んだ事や力を入れたことで、今仕事に活きていることはありますか?

学生の時にサークルで始めたゴルフです。 ゴルフは決められた打数(Par 72)に対して、どれだけミスなくプレーできるかを競うスポーツです。如何にしてトラブルを回避するか、ミスした時も どれだけ最小限の罰打でリカバリーできるかが重要です。これは仕事の進め方やリスクマネジメントの考え方に通じる所が有ります。また、年齢に関係なくプレーできるので年の離れた上司や 社外の人とのコミュニケーション手段にもなってます。

未来の後輩たちにメッセージをお願いします

海外勤務=英語や現地の言葉が必須というわけではないです。仕事や生活に必要な最低限の言葉は自然に分かるようになるので特に気にする必要は無いです。 また、職場が海外だというだけで 仕事は日本と連携して行っているので仕事内容としては日本と海外で大きな違いはありません。海外でしか得られない貴重な経験が出来ますので、海外勤務がある会社は嫌だと思わずに積極的に チャレンジして下さい。

一日のスケジュール