モーター・モーターユニット

ブラシレスモーターとブラシモーターの違いとは?アダマンド並木ブラシレスモーターの特徴も解説

ブラシレスモーターとは ブラシレスモーターは、整流子やブラシなどの機械的な接触部を取り除いたモーターです。昔は機械的に整流子を使って、プラスマイナスを逆転させてましたが、整流子が摩耗してしまうという欠点があり長寿命化が困難でした。半...
オーディオ

オーディオアクセサリーって何?概要や製品について詳しく解説【前編】

音楽鑑賞は、SpotifyやApple Musicなどのストリーミングが主流の時代。多くの人が使用する媒体はスマートフォンでしょう。しかし、デジタル化が進む現代でも、アナログレコードで音楽を聴く"真の音楽通"の方がいると思います。音楽は音...
IoT

エネルギーハーベスティングで解決するIoT電力供給問題

モノをインターネットに接続するIoT (Internet of Things)や、モノとモノが相互に情報をやりとりするM2M (Machine to Machine)などの技術は、近年多くの場所で活用されています。モノにセンサーや通信機能...
SDGs

長年受け継がれてきたSDGsの取組み

代表取締役社長 並木 里也子
今月から、SDGs関連の話題についても発信していきます。昨今、ニュースで SDGsというキーワードをよく耳にするようになりました。SDGsは2030年までに持続可能で、より良い世界を目指す国際的な17の目標です。2016年に始まった取り組みですが...
光通信

「プッシュプル締結方式を採用したフィジカルコンタクト接続による光ファイバコネクタ」がIEEEマイルストーンに認定 フェルールの製造で世界普及に尽力

光通信を支える部品の一つに光ファイバコネクタがあります。光ファイバコネクタが開発されたことにより、光ファイバーケーブルの接続、取り外しが簡単にできるようになりました。現在普及しているプッシュプルタイプのSC(Subscriber Conn...
ダイヤモンド

DRM論文集の表紙を飾りました

Diamond and Related Materials(DRM)の表紙モデルを飾ったデバイス特性評価結果は、MPCVD法によって、サファイア基板上にヘテロエピタキシャル成長した人工ダイヤモンド(KENZAN Diamond®)基板上に...
モーター・モーターユニット

内径測定器、真円度測定機、内周面表面粗さ計、表面欠陥検査装置 が一台になりました ~ 内周面精密測定機器とは?

内径測定器、真円度測定機、内周面表面粗さ計、表面欠陥検査装置 が一台になりました ~ 内周面精密測定機とは? 直径1mm以上の穴の内周面を、非接触3Dで、20ナノメートルの高精度で、1断面当たり5秒の高速で、プログラマブルに自動測定...
IoT

5Gよりも更に100倍の速さ!研究開発が進む6Gで何ができるのか?

対応するスマートフォンが発売され、様々なサービスの実証実験がおこなわれるなど、第5世代移動通信システム(5th Generation,:5G)の本格的な商用利用が進んでいます。1980年代にアナログ方式の携帯電話が登場しておよそ40年。移...
モーター・モーターユニット

マイクロメカニズム

現在、手術時の傷が小さく、術後の入院も短くて済み、身体への負担を低減できる低侵襲手術(内視鏡外科手術)の適用が盛んです。これは、身体に小さな孔を開け、その孔から体内に内視鏡、鉗子を挿入して手術を行う手法ですが、複数孔手術(Multi-Po...
ダイヤモンド

ダイヤモンドの拓く未来

ダイヤモンドは物質中最高の硬さやキラキラした輝きをもたらす高い屈折率以外にも、たくさんの優れた特性を持つ材料の王様です。これらの特性を活かして工具やレコード針などの音響部品、放熱部材など幅広い分野で利用されています。さらに、今後ダイヤモン...
タイトルとURLをコピーしました