IoT

振動発電とは 原理と実用例を解説

振動発電は、機械や建振動発電は、機械や建物、人の動きなどにより発生する振動の微小なエネルギーを電気エネルギーに変換する環境発電(エネルギーハーベスティング)です。振動発電を行う原理には「電磁誘導」「静電誘導」「逆磁歪効果」「圧電効果」の4...
SDGs

SDGsの取り組み~WIPO GREENデータベースへの登録

SDGsのいくつものゴールに関連する環境や気候問題に対するWIPO GREENという国際的な取り組みがあります。WIPOは国連の専門機関で、知的財産の活用を通じSDGsへの貢献を目指しており、2013年に環境技術の開発と普及を後押しするこ...
IoT

無電源で駆動するIoTデバイスとは

IoT(Internet of Things)やM2M(Machine to Machine)などの技術は、近年多くの場所で活用されています。IoTにより、今まで得られなかった多くの情報を自動で集めることや、遠隔でのモノの操作などが容易に...
モーター・モーターユニット

表面粗さ測定機とは

表面粗さとは、物の表面にある微小な凹凸を表したものです。物の表面には目に見えないほどの連続した細かい凹凸があり、この大きさの違いにより、触れた時にザラザラやツルツルとした感覚が手に伝わります。表面粗さ測定機は、この表面粗さを測定する装置で...
精密宝石部品

並木クリスタルガラスの歴史[腕時計用外装部品のはなし3]

ガラス形状と種類 1970年代~80年代にかけて、腕時計用カバーガラスは、丸型形状・角型形状・異形のフラットガラスや、ダイヤモンドのカット技術を応用した①カット(CUT)ガラスなどはもちろん、特殊技術として火炎溶融のプレス整形法によ...
モーター・モーターユニット

外観欠陥検査装置とは

外見検査とは 外観検査とは、部品、製品製造の際、品質管理として、外部のキズやバリ、欠け、変形、異物付着、汚れ、変色などをチェックする検査です。目視で検査されることも多いですが、外観欠陥検査装置を用いて行うこともあります。例えば、人の...
精密宝石部品

腕時計用カバーガラス [腕時計用外装部品のはなし2]

クリスタルガラス誕生 腕時計の窓材は時代の要求と共に、成形が容易なプラスチック製の素材から、傷がつかず変色しない無機ガラスのクリスタルガラス製のカバーガラスへと置き換わりました。当時のプラスチックは、腕時計の窓材としてコストが安く透...
モーター・モーターユニット

真円度・円筒形状測定機とは

真円度とは、穴や軸、テーパなどの任意の断面において、どれだけ正確な円であるかを表したものです。JIS B 0621には「真円度とは、円形形体の幾何学的に正しい円からの狂いの大きさをいう」と定義されています。
サファイア

サファイアの工業的用途

サファイアは機械的、光学的、熱的、電気的、化学的な特性などに非常に優れ、宝飾品として利用されるだけでなく、工業的な用途でも多く使われている素材です。100年以上前に人工的に製造する技術が開発され、近年ではより品質の高いサファイアを安定的に...
モーター・モーターユニット

内径測定機器とは

ピンゲージ 穴の内径を測定する方法には、接触式と非接触式で行うものがあります。接触式のものは、ピンゲージ、キャリパーゲージ、ホールテスト、接触式変位センサーなどが従来から使用されてきました。接触式の測定では、測定子が穴内部に接触する...
タイトルとURLをコピーしました