アダマンド並木精密宝石株式会社公式ブログ。技術のトレンド、製品のワンポイント、SDGsなどについて紹介していきます。

代表取締役社長 並木里也子がTIME Asiaのインタビューを受けました

代表取締役社長 並木里也子がTIME Asiaのインタビューを受け、取材記事が2022年11/21・11/28号に掲載されました。
   最終更新日:    公開日: 2022/11

代表取締役社長 並木里也子がTIME Asiaのインタビューを受け、取材記事が2022年11/21・11/28号に掲載されました。


代表取締役社長 並木里也子

電気メーターの軸受宝石の製造から始まったOrbray株式会社(アダマンド並木精密宝石)は、今や最新の精密部品のパイオニアです。

日本企業のOrbrayは、創業当初から革新的な技術で知られていました。当初は軸受宝石を製造していましたが、事業が拡大し、製品ラインアップも急速に増えました。軸受宝石のノウハウは、時計、レコードカートリッジ、音楽プレーヤーの小型モーター光通信部品医療機器などに活かされました。

Orbrayは、世界最大口径、高純度ダイヤモンド基板の開発で世界に大きな衝撃を与えました。その用途は、量子コンピュータはもちろん、国際宇宙ステーションにてダイヤモンドの曝露実験が行われている「スペースデリバリー・プロジェクト」に見られるように、航空宇宙分野にも及んでいます。並木里也子社長は、「私たちのダイヤモンドは、約半年以上もの間、宇宙空間にあります。このプロジェクトで得られた実験結果は、革新的なデバイスの応用に活かされると信じています。」このような意欲は、同社の将来にとって重要な鍵となります。

多様な知見で精密部品を革新し続けます。

2023年1月に、アダマント並木精密宝石株式会社は、「Orbray株式会社」に社名変更する予定です。日本では数少ない女性経営者の並木里也子社長は、このような変革を試みています。リーダーシップの中にも、優しさと温かさを持ち合わせたいと思っています。

直径2インチ ダイヤモンド基板

並木社長は、Orbrayの歴史と技術に新しい発想を加え、明るい未来につなげたいと考えています。「オーブは地球、レイは光を意味します。社員一人ひとりが自分を信じることで、さらに輝きを増し、会社は未来への希望の光をより強く放つことができるのです。」

Content by Global Kigyo Co., Ltd.

TAG
タグ
5G DCコアレスモーター IoT MEMS MEMS技術 SDGsの取り組み インシュレーター インタビュー エナジーハーベスティング オーディオアクセサリー コアレスモーター サファイア セラミック ダイアフラムポンプ ダイヤモンド ダイヤモンド基板 フェムト秒レーザー フェルール ブラシレスモーター マイクロ波 レコード レコード針 レーザー加工 ロボット ロボットハンド 光コネクタ 光ファイバ 光通信 内径測定 医療 半導体 協働ロボット 小型モーター 手術 振動発電 測定器 測定機 無線 無電源 環境発電 産業機器 真円度測定 精密ノズル 腕時計用外装部品のはなし 腕時計部品
Pagetop