放送局用カメラレンズ

TVや映画の収録現場で使用される放送局用ビデオカメラのレンズにアダマンド並木のブラシ付きモーターが搭載されています。そのようなレンズにはピントを被写体に合わせる為のフォーカス、焦点距離を変化させ画角を調節するズーム、そしてレンズに入ってくる光量を調整するアイリスの3つの機能が備わっています。これらの全ての用途向けにアダマンド並木のモーターが長年愛用され続けています。

レンズは撮影するシーンによって、被写体に向けて素早く焦点を合わせる事も有れば、一方で非常にゆっくりとした速度で被写体へクローズアップする場面もあります。こうした緩急の激しいレンズ動作には、その動きに追従できるだけの応答性に優れたモーターが必要不可欠です。また動画の撮影時にモーターあるいはギヤボックスからの騒音・振動が大きいと収録された動画の中に音が入り込んでしまう危険性があります。従って、静音性も重要な技術要素のひとつとなります。

アダマンド並木ではこうしたし要求事項に応えるため、機械的時定数の低いコアレスモーターに特別にカスタムした静音性の高いスパーギヤを取付けたセットで提案を行っています。

なお近年では従来のフルハイビジョンを上回る画素数である4K, 8Kの映像に注目が集まっていますが、こうした高画質化に伴い、レンズの大きさもより大型化へシフトする傾向が見られます。このような将来製品への搭載に向け、現在アダマンド並木では高応答性、低騒音・低振動を維持しながらも大きいレンズを動かす事ができるハイパワーなモーターの開発に取り組んでいます。

お問い合わせ

お問合せ窓口
TEL:03-5390-7620
(月 - 金 9:00 - 17:00)

オンラインからのお問合せ
お問合せフォーム