SDGsの取り組み~WIPO GREENデータベースへの登録

SDGsのいくつものゴールに関連する環境や気候問題に対するWIPO GREENという国際的な取り組みがあります。WIPOは国連の専門機関で、知的財産の活用を通じSDGsへの貢献を目指しており、2013年に環境技術の開発と普及を後押しすることを目的としてWIPO GREENを立ち上げました。WIPO GREENは、環境技術の希望者と提供者をつなぐデータベース注1を運営し、120,000件以上(2022年1月現在)の技術、ニーズ、専門家が登録されています。

WIPO GREENデータベースへの登録

アダマンド並木精密宝石は、ダイヤモンドサファイアなどの素材の育成、「切る・削る・磨く」の工程を一貫生産する工業用宝石を基軸とした、光通信部品小型モーター医療機器の4つの分野で多くの製品を製造していますが、このたび保有する特許をWIPO GREENに登録しました。

具体的には、SDGsの目標のうち、

「7 エネルギーをみんなに、そしてクリーンに」

⇒温室効果ガス削減、クリーンエネルギー創出につながる部品の生産、省エネ活動

「9 産業と技術革新の基礎をつくろう」

⇒高齢化に伴う労働人口減少を補うソリューション創出

の2つの目標に着目して、19件の特許を、WIPO GREENデータベースに登録し、お客様、共同開発パートナーと共に新たな価値を創出し、目標達成に貢献する製品開発に取り組んでいます。

注1)WIPO GREENデータベース
WIPO=World Intellectual Property Organization(国際連合の世界知的所有機関)が運営するオンラインデータベース。現在、世界中の1,500を超えるユーザーからの技術とニーズが登録されています。WIPO GREENは、このデータベースと地域的な活動を通じて、「環境技術の提供者」と「環境技術を必要とする者」とを引き合わせる場を提供し、グローバルな提携・ビジネスマッチングを実現することによってグリーンイノベーションを促進し、環境技術の移転と普及を加速しています。

関連技術(目標7)

製品・技術適用の効果(利点)
光通信デバイス
(光接続、光ファイバアレイ
遠隔ネットワークの消費電力抑制に貢献 (高効率・大容量データ伝送)
電流センサークリーンエネルギー(クリーン電力) 高精度計測
低消費電力方式 → 消費エネルギー抑制 (CO2削減)
結晶(GaN、Ga2O3パワー半導体:低消費電力→省エネ (CO2削減)
発光効率向上 → 消費エネルギーの抑制 (CO2削減)
サファイア基板LED(低消費電力照明) → 消費エネルギーの抑制 (CO2削減)
ダイヤモンド基板パワーエレクトロニクス:低消費電力・小型化→省エネ (CO2削減)
発電デバイスクリーンエネルギー普及による化石エネルギー使用量減少 (CO2削減)
バッテリーレス → 設置容易性向上 → 省エネ (CO2削減)
ロボットハンド無通電把持→消費エネルギーの抑制 (CO2削減)
産業用ポンプダイアフラムポンプクリーンエネルギー(燃料電池)普及による化石エネルギー使用量減少(CO2削減)
小型モーター低電力駆動 (=高効率モーター) → 消費エネルギーの抑制(CO2削減)
モーターユニット
(無通電ロック機構、クラッチ)
dyNALOXによる無通電姿勢維持 → 消費エネルギーの抑制(CO2削減)

関連技術(目標9)

製品・技術適用の効果(利点)
ロボットハンド協働ロボットによる人の代替
小型モーター協働ロボット用モーター ・自動化寄与 → 労働力確保
モーターユニット
(無通電ロック機構、クラッチ)
協働ロボット用機構 ・自動化寄与 → 労働力確保

アダマンド並木精密宝石のSDGsの取り組みはこちら

SDGs|アダマンド並木精密宝石株式会社

タイトルとURLをコピーしました