ダイヤモンド突き上げピン

高寿命がコストダウンと品質向上に役立ちます

突き上げピンは、ICチップ、LED素子をダイシング後に粘着シートから分離する際に、エアーの吸着のみでは分離しなかったときに、下方より突き上げて分離させます。
アダマンド並木のダイヤモンド突き上げピンは、先端にR形状のダイヤモンドを使用しているため、チップが傷つかないようになっています。通常の金属のピンでは1000回程度使用すると先端が変形してしまいますが、当社のダイヤモンド突き上げピンは、ダイヤモンドの耐摩耗性の特長を活かし、長寿命で、交換頻度が少なくなるため、生産効率があがります。

お問い合わせ
日本国外の方は英語ページでお問い合わせください。

お問合せフォーム