サファイアカバーガラス

1960年代後半、腕時計用カバーガラス(窓)は、無機ガラスに代わる人造宝石である「単結晶サファイア」のカバーガラス素材へと急速に需要が進み、加えて半導体向けサファイア基板の開発が進む中、アダマンド並木はいち早く、「EFG法による単結晶サファイアの育成引き上げ」の技術開発に成功しました。

また、高級腕時計部品として必要な高品質を維持しつつ、近年のデザイン重視の特殊形状のサファイア供給の要望に応えるアダマンド並木の技術力は、スイス時計業界でも高く評価されています。

ピンクサファイア

一般的な腕時計用サファイアカバーガラスは、単結晶サファイア(α-Al2O3)からなる無色透明な素材ですが、一部の宝飾系高級腕時計用途としては、宝石色のカバーガラス素材の需要があります。並木はEFG法により、濃淡バラツキが無い均一大口径の「単結晶ピンクサファイア」の量産育成に成功しました。淡いピンク色のサファイアカバーガラスは、他に類を見ない優雅なデザインを醸し出します。

お問い合わせ
日本国外の方は英語ページでお問い合わせください。

お問合せフォーム